離島医療

離島だからこそ必要とされるAEDのお話

ここ最近で急速な広がりをみせているAED、みなさんはその存在を知っていましたか?AEDがあったからそこ助かった、というニュースが流れていることもありますので、名前くらいは聞き覚えがあるという方もいるかもしれませんね。

 

●AEDとは?

AEDとはAutomated External Defibrillator、日本語で言うと自動体外式除細動器のことを指します。私たちの心臓は規則的に収縮することで体全体に血液を循環させていますが、その機能が一時的に低下してしまった場合は血流が滞り、生死に直結する重大な問題を引き起こしてしまいます。そうならないために、心室細動となってしまった心臓に対して、電流を流してショックを与えて機能の正常化を図るのがAEDです。

 

電気ショックを与える時間は、一分一秒でも早いほど効果を発揮しますので、より私たちの身近にAEDが設置されていなくては意味をなしません。

 

●AEDは誰が使うもの?

あなたが倒れた人を発見したとき、呼吸を確認できなければ病院内など特別な場合を除いて、おそらく救急車を呼ぶことになるでしょう。日本において救急車が到着するまでの時間は平均9分を切ると言われていますが、立地によってはさらに時間がかかることも少なくありません。

そのような状況で、ただ救急車の到着を待つだけでなく、一般の人であっても対応することができるのがAEDです。そう、AEDは特別な人だけが使える器械ではなく、緊急時に誰もが使えるような仕様になっているのです。

例えば、普段AEDは電源がはいっていませんが、ボタンを押すなどすることですぐに電源が入ります。と同時に、どのように使うべきなのが音声で教えてくれるのです。その指示に従って、電極パッドを貼っていきます。

一般の方であれば、AEDを使おうとしている相手が心室細動で倒れているのか、電気ショックが必要な状態なのか判断することが困難ですが、AEDは器械が必要性を判断した上で電気ショックを流すよう誘導してくれるので非常に優秀なのです。

 

●AEDはどこに設置されているの?

みなさんが目にしたことのあるAEDは、どこに設置されていましたか?

かなりの確率で置かれているのは、駅や市役所など公共の施設です。また、商業施設やスポーツ施設、大規模マンションなど、多くの人が集まる場所や運動施設にも設置されるケースが増えてきました。

 

また、へき地や離島といった緊急時にすぐ対応することが難しい地域にも設置が進んできていますが、まだまだ十分とは言えません。HPなどでご自身が住んでいる地域のAED設置状況が公開されていますので、どこに置かれているのか事前に把握しておいてもいいかもしれませんね。

 

いざという時、私たちは瞬時に動くことができるかどうかわかりません。そのため、単なる設置だけでなく、いざという時に使えるよう地域や職場単位などで定期的に講習会などをすることも大切なことなのではないでしょうか。

 

関連記事

  1. 猫の島と言われている愛媛県の青島。その魅力と医療について
  2. 狭い道でも通り抜ける「軽の救急車」が広がってきています!
  3. 離島医療を志す医療人の育成に力をいれている鹿児島大学の取り組み
  4. 沖永良部島の魅力と島民インタビュー
  5. 離島における歯科診療の実態とは?
  6. 災害時多目的船としての役割が期待されるブルードルフィン
  7. 離島・へき地医療の先生がなぜ凄いか?
  8. 竹富診療所〜石橋 興介先生インタビュー!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

この記事を読んだ人はこの記事を読んでいます

記事ランキング

最近チェックした記事

まだありません

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:


FeedlyでRSS購読をする:

SNS
 

>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

ピックアップ記事

離島医療

へき地医療

QRコード

このQRコードで当サイトTOPページが見れます
PAGE TOP