離島の情報

“じょうもん留学”ってなんだろう?貴重な体験ができる屋久島町の留学制度

子供をもっと違った環境で学ばせたい。短い間でもいいから、思いっきり貴重な体験をしてほしい。親なら一度は、こんな思いが頭をよぎるのではないでしょうか。
 
鹿児島県屋久島町には、小学生や中学生という伸び盛りのお子さんを対象とした留学制度があります。その名も、“まんてん留学”“かめんこ留学”“南海ひょうたん島留学”“じょうもん留学”。

ネーミングも素敵で、「どんな制度なんだろう?」と興味がわいてくるものばかりです。
 
●屋久島町とは?

鹿児島県にある屋久島町は、屋久島と口永良部島から構成されていて、すぐ近くには種子島が浮かんでいます。

本土からは60kmほど離れていますので、主な交通手段は航路になりますが、屋久島には空港があるので飛行機で行くこともできます。
 
屋久島といえば、やはり思い浮かぶのは屋久杉や世界遺産といった言葉ではないでしょうか。その名の通り、とても自然豊かな地域で、ここでしか見られない光景が広がっています。

また、温泉や海水浴場、ダイビングなどのアクティビティも充実しているので、普段はできないような体験をすることもできることでしょう。
 
食については、海に囲まれているので海産物は豊富です。特に、首折れサバやトビウオといった他ではあまり見られないような食材や、マンゴーやパッションフルーツなど温暖な地域で取れるフルーツ、焼酎の生産も盛んです。
 

●屋久島町の医療制度

屋久島には、徳洲会病院とはじめとした診療所や歯科医院が10箇所ほどあります。また、口永良部島にも診療所があるので比較的、受診しやすい環境ではないでしょうか。
 
ただし、これからご紹介する留学制度において屋久島町の乳幼児医療費助成制度は使えません。しかし、通常、健康保険証を使って受診したときの負担で診察や治療を受けることはできます。


 
●気になる留学制度

いろいろな名前の留学制度がありますが、“まんてん留学”“かめんこ留学”“じょうもん留学”は小学生を対象とし、“南海ひょうたん留学”は小、中学生を対象としています。

いずれも里親型となっており、子供だけが屋久島へ行き、そこで出会った里親のところで生活しながら学校に通うことになります。7万円/月が必要となりますが、一部、町で負担してもらえます。
 
受け入れ人数はそれほど多くありませんが、気になる方は屋久島町のホームページなどをチェックされてみてはいかがでしょうか。
 

関連サイト
屋久島町ホームページ
http://www.town.yakushima.kagoshima.jp

 

関連記事

  1. 離島における歯科診療の実態とは?
  2. 日本最北の離島の医療はどうなっているのだろう?
  3. 離島と企業の架け橋に!“しまっちんぐ”の可能性
  4. 離島経済新聞社(リトケイ)鯨本編集長インタビュー
  5. 狭い道でも通り抜ける「軽の救急車」が広がってきています!
  6. へき地や離島で活躍するナースが抱える悩みとは?
  7. 離島におけるメンタルヘルス対策
  8. 離島医療は患者さんとの距離が近いことが魅力!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください(スパム対策)

記事ランキング

最近チェックした記事

    お知らせ

    「当ネットワークのサポートをしてみたい!」という方は以下をご覧下さいませ

    ぶんぶん編集長のきまぐれ紀行を執筆しております
    よろしければ御覧下さい

    サイト情報をキャッチ

    Push7でプッシュ通知を受け取る:


    FeedlyでRSS購読をする:

    SNS
     

    >> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

    ピックアップ記事

    離島医療

    へき地医療

    QRコード

    このQRコードで当サイトTOPページが見れます
    PAGE TOP