へき地医療

狭い道でも通り抜ける「軽の救急車」が広がってきています!

何かあったときに119番通報すると駆けつけてくれる救急車。わたしたちの心強い味方です。

まじまじと見る機会はあまりありませんが、救急車は意外と大きい車両ですよね。道路を駆け抜けているシーンしか、見る機会はないのですが…。

 

道路が整備されてある程度の広さを持っている道であれば、救急車の大きさは気にならないかもしれません。しかし、日本国内どこでも、そういった場所ばかりではないですよね。特に、山間部や離島には、狭い道路や整備されていない道路がたくさん存在しています。

 

道幅の狭い地域で救急要請があった場合、これまでは長い道のりを人の力で運ぶ必要などがありました。これでは時間もかかりますし、困難な場面も想定されます。

 

このような事態を懸念した姫路市では、道路が狭隘な離島における救急自動車の要件緩和を求めました。なぜなら、救急車はその要件として、隊員が3人、傷病者が2人以上収容できるなど、大きさや収容人数に条件があったからです。

姫路市の要請を受けて、総務省消防庁は2011年に救急業務実施基準の改正を行いました。具体的な改正内容は、「地理的条件等から通常の救急業務を行うことが困難な地域においては、救急業務実施基準によらない救急業務も認められる。このことを明確にするため、同基準を改正する。」としたのです。

 

これにより、国内で初めて「軽」の救急車が誕生しました。もちろん、コンパクトながらも車内で処置ができるような設備も備わっているので、山間部や離島であっても他の地域と同じような医療を受けられるようになります。

 

姫路市で始まった軽救急車の導入はその後、広島や高知県など西日本を中心に広がりをみせています。新しく導入するにはコストや技術なども必要となってきますが、その後の維持費は通常の救急車よりも少なく、何と言っても狭い場所でも入っていけるのが一番の強みです。

 

必要とするすべての地域にとはいかないかもしれませんが、導入することで少しでも医療の恩恵にあずかることができる人が増えてくれることを願っています。

 

関連記事

  1. 離島医療を志す医療人の育成に力をいれている鹿児島大学の取り組み
  2. 竹富診療所〜石橋 興介先生インタビュー!!
  3. 瀬戸内海を見守っている巡回診療船「済生丸」
  4. 新島と式根島から成る新島村の魅力と医療
  5. 粟島のテレビ電話を使った遠隔医療への取り組み
  6. 隠岐諸島で医療を学ぶことができる看護研修があるらしい
  7. 増えゆく外国人観光客。対応を迫られているのは離島も同じです。
  8. 県全体で離島の医師不足を補おうとする長崎の取り組み

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

記事ランキング

最近チェックした記事

まだありません

サイト情報をキャッチ

Push7でプッシュ通知を受け取る:


FeedlyでRSS購読をする:

SNS
 

>> プッシュ通知やRSSについてはこちらをご覧下さい

ピックアップ記事

離島医療

へき地医療

QRコード

このQRコードで当サイトTOPページが見れます
PAGE TOP